トップページあいさつ行動:写真集歩き遍路:写真集ん!雑感
プロフィール   | くろかわ征一半生   | 活動報告   | 委員会内容   | レポート   | 断食療法十一日間   | リンク集   | 日誌

くろかわ 征一 半生

くろかわ征一は、父47歳・母40歳のとき、11人兄弟の10番目の子供として生まれた。
父親は77歳で死去、家は貧農であった為、小さい頃から農林業の仕事に従事した。
母は、病気もせず丈夫で長生きした(91歳で死去)。現在、兄弟姉妹は8人生存している。
1947(昭和22)年7月24日  徳島県三好郡三縄村松尾字下尾後145番地に生まれる。兄・姉は11人、父(村一)、母(アキヱ)の三男として10番目に誕生する。長男、次男は小さいときに亡くなったので、長男ではないが、黒川家の跡継として厳しくも、慈愛されたようだ(本人は知らない)。
 *生まれたとき、ひ弱で元気に育つか心配されたそうだ。
妹・久子(4歳)と私(6歳)

1954(昭和29)年4月  三縄村立出会小学校入学、戦後のベビーブームで同級生は68人。自宅から小学校まで約5km、中学校も併設していたので9年間通学。そのため足腰、根性は自然に備わる。通学時の道草で2時間〜3時間かけて下校するのはあたり前であった。小学校時代の高学年から少し勉強に目覚めるが遊びの方が勝っていた。
 *70人近い同級生の中で、小さい方から数えて7〜8番目にあり、おとなしく目立たない部類にあった。


黒澤湿原で、敬礼は私(12歳)
 


黒澤湿原で、甥と姉と妹
 


1960年(中学校1年)
ハンドル車(自家製)と私
1960(昭和35)年4月  1959(昭和34)年3月31日、池田町・三縄村・佐馬地村が合併、新生・池田町の誕生となった。よって、池田町立出会中学校に入学。1960年10月12日、午後3時、当時の社会党委員長浅沼稲次郎が、日比谷公会堂で右翼少年山口 二矢(おとや)17歳に刺殺される。この実況中継を出合中学校のテレビで視聴したことが、政治的にも覚醒、いまも脳裏に焼きついている。中学校に入学してから父親の影響もあり、多少勉強の術を知る。
 *父は貧農の身でありながら、朝日新聞をいつも購読し、無学な母親に新聞を読み聞かせていた。
1962(昭和37)年10月27日
我が家から見た下尾後部落
1963年3月26日
中学校卒業記念・両親と妹
1962(昭和37)年
同級生&学校帰り道
1963(昭和38)年4月  高校へ入学するとき、普通科&商業科の選択に迷ったが、老親と家が貧しかったため、先生の指導により、大学進学は諦め池田高校(商業科)へ入学。進学を諦めた高校時代は、池田高校の西隣に下宿していたので、勉強と遊びで楽しく過ごす。
 *岩橋校長、西野教頭、猪子先生、多田先生、近藤先生、入江先生、藤田先生、元木先生、詫間先生などが目に浮かぶ。

1963年4月 池田高1年
 池田町下尾後の町道
(我が家の裏)
1966年3月15日 高校卒業記念に祖谷温泉へ 1966年1月 出合中学校同窓生と琴平参拝



1973年11月1日
福岡自治研に参加した皆さん
1966(昭和41)年3月   就職は徳島県内と決められていたので、西部交通バス(株)(穴吹町)に就職するが、1ヶ月間のストライキを貫徹したバス会社を 7月に退職。9月(株)神戸製鋼所入社するが翌年3月退社、美馬郵便局(2週間)、池田石油(株)(8ヶ月)。1968年1月、池田町役場就職。1年9ヶ月で5ヶ所の職場を経験する。多感な青春時代、多くの皆さんと終生忘れえぬ一期一会を経験した。
 *国家公務員試験、郵政外務試験、危険物取り扱い乙種第4類、測量士補などの資格も取得した。
1968(昭和43)年1月、総務課に配属され、その後、産業観光課、税務課、厚生課、水道課、建設課を歴任、最後は厚生課で退職。この間、自治労の専従役員2期4年。高校時代に諦めた大学進学、父の影響もあり、仕事をしながら大学の通信教育で法律などを学ぶ(近畿大学・法政大学を卒業)。池田町役場時代の上司、労働運動や青年団活動などから、政治、経済、社会の矛盾を体得した。
 
法政大学卒業祝賀会 法政大学卒業式 近畿大学学友 近畿大学校門

1974年(昭和49)年11月15日、故・増田政勝&民子ご夫妻のお世話により結婚披露宴を挙行、征一(27歳)&勝子(25歳)であった。当時の征一は、池田町職労の書記長であり、青年部長も兼務。妻は加茂愛育園(養護施設で保母)に勤めていた。結婚式の司会は、同僚の金岡公明(元池田町助役)さん&中内栄一(現・三好市福祉事務所長)さんのコンビですすめて頂きました。
 *当時は、国労などがスト権奪還のストライキ(1975年11月26日から8日間・192時間)を貫徹、自治労も半日のストライキをする時代。


1974年11月15日結婚披露宴(山下旅館)


1974年11月15日結婚披露宴(山下旅館)

1978(昭和53)年6月28日、子供達に厳しかった父親が亡くなった(77歳)。いわゆる「外孫」は十四人誕生したが、「内孫」は二人であった。二人目の孫(4月3日に誕生した)を見届け、孫の名前を「洋志」と自ら命名したのが最後の大仕事であった。それにしても、厳父は最期まで妻(アキヱ)に我が家で看てもらう至福ものであった。
 *私と父(村一)は、世代の違いもあり、よく口論し親孝行者でなかったが、厳父の「常に準備せよ」の構えには敬服している。


1968年の夏
自宅で父(村一)と私


1965年ごろ
父&母、自宅の縁側


1967年夏・神戸市灘区
父(村一)の男兄弟4人
1981(昭和56)年12月11日、自治労徳島県本部傘下に初めての「総支部制」が誕生。“美馬・三好総支部”の初代・総支部長は蔵下一豊氏(山城町職)、専従事務局長は黒川征一(池田町職)。総支部の事務局は、2年間の専従体制を継続(12人・「24年間」の専従事務局長の輩出)した。24年間の長きにわたる「理論と実践」の闘いで鍛えられた仲間は、将来に亘って人生(社会)のパイオニア(開拓者)であり続ける。
 *人が歴史をつくり、歴史が人をつくる。


1990年7月7日石鎚登山


1990年7月7日石鎚登山


1985年8月向坂逸郎邸を訪問

1987年9月1日・自治労徳島大会で中央本部役員(中央執行委員)
1987年8月、自治労第52回大会が徳島市で開催され、四国地連選出の自治労中央本部役員に推挙され、中央執行委員(組織局次長、全国消防職員議会事務局長)となった。当時の私は、徳島県本部副委員長で徳島県本部町村評会長も兼ねていた。1989年8月まで約2年間本部役員を勤め、愛媛県本部対策でも奔走した。当時、労働戦線の統一問題で揺れ動いた時代、労働組合の弱体化は、その時から資本側の攻撃により始まったといえる。
 *中央本部役員に選出されたが、組合専従の許可が2ヶ月間下りず悪戦苦闘した。


総評解散1989年11月21日


町村評代表者会議1989年8月22日

1997(平成9)年12月7日、母親(アキヱ)が、満90歳で亡くなった。いま・現在、子ども8人健在、孫21人、曾孫29人、玄孫3人の家系となっている。病弱で厳しい夫(村一)に仕え、8人の子どもを養育したが、朗らかで物事の記憶力は抜群であった。水のみ百姓といわれるぐらい「貧農」であったので、よく働いたがいたって健康だった。晩年は内孫(3人)の子守よくしてくれたが、私自身、母親に親切ではなかった。
 *アキヱは、日頃から妻(勝子)に、征一に「お金」を持たしたら駄目だ。あれ(征一)は阿呆じゃけん!「他人におだてられたら、ユズの木でも逆立ちして登る奴じゃけん」と、口癖のように言っていた。


1985年12月 池田町中西
祖母&和子


1988年10月28日
米寿の祝


1985年12月 池田町中西
私&洋志&和子

1999(平成11)年3月1日付けで、池田町役場を退職。3人の定数区で6番目に出馬表明(2月26日)の徳島県議会議員選挙(4月2日告示、11日投票)の三好選挙区で初当選。選挙運動期間のない中で運よく3位当選(6,774票)を果たした。
 *最初は選挙運動期間が殆んど無かったため、お世話になった同僚から、「1ヶ月したら県会議員になっていた」とよく揶揄された。
1999年3月10日 くろかわ征一事務所開き
1999年4月2日 くろかわ征一出発式
1999年4月11日 徳島県議選挙初陣を飾る6774票で3位 次点との差1009票
2003(平成15)年4月4日、初陣の戦いに3,000票を上積みして再選なる(9,778票)。事務所開きは2003年1月26日、出発式は2003年4月4日、2回目の県議選挙は2位当選。
2003年4月4日 県議選2回目の出発式
2003年4月13日 県議選挙で2回目当選


2005年3月24日
出合小学校同窓会(井上先生) 


2005年3月24日
出合小学校同窓会(かんぽ)


2008年1月20日
江田五月・参議院議長・於高松空港


2008年1月20日
江田五月・参議院議長


2006年11月19日大歩危ウォーク
 


2006年11月19日妖怪祭り
 
2007年3月30日  県議選3回目の出発式

2008(平成20)年2月5日、参院議長・江田 五月氏から色紙の揮毫を頂いた。終生大事に保管し、色紙の通りに、忠実に実践することを誓う。
「點 一 燈  照 一 隅」。私の理解するところ、「陽のあたらない人たちに目を向け、希望のともし火が公平になるような政治をする事」と思っています。
2008年2月5日(火)、江田五月・参院議長を訪問する。高井美穂衆議員、黒川征一・松崎清治両県議、平田政広・天羽強両三好市議。
 
           

             徳島県議会議員くろかわ征一後援会事務所開き
          
        
             

     2011年3月19日  くろかわ征一後援会事務所開きの司会をする中峰敏之事務局長&集会参加者

 

2011年3月19日  くろかわ征一後援会事務所開きの来賓あいさつは俵徹太郎三好市市長&高井美穂衆議院議員

   
 くろかわ征一後援会事務所開きに鳴門市から来た孫(有里&有真)から花束を受ける。決意表明をするくろかわ征一


         
           2011年4月1日(金)午前9時 第17回統一地方選挙で4回目の出発式
           

    

 2011年4月1日(金)午前9時  第17回統一自治体選挙に徳島県議会議員・三好第一選挙区で4期目に挑戦した。

    
   2011年4月1日(金)午前9時、くろかわ征一(63歳)は徳島県議会議員選挙(4期目)に挑戦。



         

  第17回統一自治体選挙前半戦の徳島県議会議員選挙・三好第一選挙区で無投票による当選が確定。
  当選お祝いに駆けつけて頂いた高井衆議員、中谷参議員、里見県副知事、俵三好市長らから祝福を受けた。
              2011年4月1日(金)午後6時、三好市池田町中西サコダ


        掲示板       凱旋する選挙カー       里見徳島県副知事の祝辞  高井美穂衆院議議員の祝辞

     
  当選御礼の朱書きは谷口守氏       孫・尚志(11ヶ月)を抱いて       車椅子に乗って駆けつけて早川さん

     
  豊田さんから祝福のお言葉を頂く     孫の尚志を抱いた大谷(義兄)さん       古地明さんからの祝福

       
            2011年4月1日(金)18時 無投票当選確定のお礼を述べる



2013年7月21日(日)          三好市長選挙勝利


2013年7月16日


2013年7月20日
元気に行ってきます!
2013年7月21日
川口選対本部長の万歳三唱


2013年7月24日   初登庁日に我が家に駆けつけた皆さん